チャンピックスってなに?

チャンピックスは、禁煙のための内服薬です。医師の指導の下に使うもので、12週間かけて禁煙を行って行くものです。
今までの禁煙用のタバコやパッチはニコチンが配合されていました。そのため、いくら禁煙をしていてもニコチンへの依存度は変わらず、禁煙に失敗してしまうケースが多くありました。しかしチャンピックスは禁煙成功率が78.5%で、1年後も禁煙が継続している人が44%と言われています。これまでに使用されてきた禁煙用のタバコやパッチでの1年後の禁煙率が5%~10%ほどと言われているため、高い成功率を誇っています。これは、チャンピックスは服用することでニコチンよりも先に脳内にあるニコチンの受容体と結合し、タバコを吸ってニコチンが体内に吸収されても、タバコがおいしい、と思わなくなることが理由です。吸収されたニコチンは脳内のニコチン受容体に結合すると、快感を感じさせるドーパミンを放出するため、タバコがおいしい、タバコを吸うと落ち着く、という状態になるのでタバコを吸い続けてしまいニコチン依存が進んでしまうのですが、チャンピックスはニコチンよりも先にニコチン受容体と結合してしまうため、タバコを吸ってもおいしく感じなくなり、禁煙に成功するのです。
チャンピックスの特徴は一定の条件をクリアすれば健康保険が適用されるため、12週間で約20000円で処方してもらえることです。12週間のタバコ代が約30000円かかってしまうことを考えると、低額で禁煙をスタートさせることが出来るのです。一度チャンピックスを服用して禁煙に失敗したとしても、1年経過すれば再度保険が適用されるため、やり直し安いのも特徴の一つとなります。